日々のあれこれ

春祭り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今の住まいに来て 早6年目になりますが、
昨年初めて 近所の神社の春祭り(例大祭)を
偶然覗かせていただきました。
現在住まわせて頂いている地域は
室町時代から続く農家さんが何軒もいらっしゃり、
自然には恵まれた場所なのです。
なので(?)、その年の五穀豊穣を願うために
毎年4月15日が例大祭になっているのですね。
昨年と今年はちょうど土日と重なったため
私たちもお祭りに参加させて頂けたようです。
昨年は本当に、遅めの散歩に出かけて
神社の前を通りかかったら、
たまたまお祭りをしている最中だった
という感じで、
既に人垣が幾重にもできていて
その向こうで何をしているのか
あまり分からなかったのですが、
今年は早めにお邪魔させていただき、
湯花神楽の一部始終を拝見することができました。
湯花神楽(ゆのはなかぐら)は
湯立神楽とも呼ばれ、
こちら以外でも色々な神社に伝えられているもののようです。
鎌倉の鶴岡八幡宮からの流れで受け継がれているそうです。
ちょっと調べてみたところでは春ではなく、
秋にされる所が多いようです。
境内の一角に、
5色の紙垂(しで)と竹で作られた
天蓋(てんがい)を飾った斎場を作り、
産土神(氏神)、火の神、水の神をお招きする神事。
そして大釜に水を満たして火を焚き、
熱湯をたぎらせ湯立の結晶(湯花)を受けることで
災を除き、福を招くと言われています。
{DA61BB49-0722-48B8-B10A-C8D72BB8DF75}

この先に、御釜でお湯を沸かしています。

まずは、この場を浄め、
{9A788FD0-042A-434F-98C8-A4EFD31DB50E}
{AED5BFB8-45EC-4D08-BE63-281FA4BCA923}

このお湯も、お神酒を注いで浄めます。

{E32606AA-53A3-4F45-B887-7BDC9906CCCA}

神楽に使う道具も 浄めます。

{584D37BA-B380-46A6-9DA0-EF1FA1E6DAA7}

四隅に矢を放ち、悪い霊を退散させるそうです。

{C1996390-147C-4810-9674-E604758814D1}

そして名前の由来となる、熱湯を笹に浸して 参列者の

頭上に散らしかけてくださるところ。
(熱くないので大丈夫です。でも、宮司さんは
手ぬぐいで汗を拭きながらのお神楽でした。
ありがとうございますm(_ _)m)
このしぶきを浴びると災難病魔を祓い除けるのですって。
{98BF552F-6196-4607-A1C8-A05278FEBA44}

赤面の天狗(猿田彦)が剣を持ち邪悪を清め、

悪しき大気を体内に吸い込み浄化させ、
二本の指で空中に九字(くじ)を切り、
護身・除災・勝利のまじないをしながら
豊年万作・大漁満足・天下泰平を祈念し、
天地運行の乱れを正します。
(その場でこんなに詳しい説明はなかったのですが。
 相州藤沢 白旗神社さんのサイトから

 参照させていただきました)http://www.shirahata-jinja.jp/kagura/

それにしても、

どうしてこんなに人々が集まっているかというと

この後で餅まきが始まるからなのでした。

 

 

長々と 慣れない神事について説明させて

頂きましたが…

 

 

言いたかったのは、もう何度もなんども

「浄める」ことに立ち合わせて頂いた訳です。

 

 

笹の葉についたお湯(湯の花)で

参列者をお祓いして下さるまでの間にも、

「お浄め」の所作をして下さる度に

空気がクリアに、軽やかに変わっていくのを

肌で感じさせていただきました。

 

 

昨夜から朝にかけての雨風を思うと

嘘のような晴天の午後、

沢山の方々と一緒に

こんな時間をもつことができて

感謝です。

 

 

今日も最後まで

ご覧くださって

ありがとうございます。

 

 

 

明日は素敵な新月をお迎えください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ・各種セッションへのお申込は

ご質問・ご相談はこちらまで。

セッションのお申し込みはこちらから。

新メール(お手紙)セッション「あなただけのメッセージ」お申込はこちらから。

 

どのメニューを受けたら良いか、迷われましたら

10分間メニュー相談(無料)をご利用ください。

ご質問・ご相談は遠慮なくこちらまでどうぞ。

ランキング参加中です。

よろしかったら応援お願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください