楽絡感情解放アロマ®

ある香りが呼び起こしていた感情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「楽絡感情解放アロマ」という言葉を聞いて、私にとっては思いがけない連想をされた方がセッションを受けに来てくださいました。

 

 

 

その女性はある香りを嗅ぐと小さな頃の嫌な記憶が蘇って「自己否定感」が出てくるとのこと。「ある香り」はアロマの香りではありません。私たちの生活にとても身近な香りで、それを嗅ぐ度に自己否定感が出るなんてそれは辛いことだと感じました。

 

 

 

その方自身も「セッションで本当にこの感情を解放できるのか?」不安だったのでしょうね。「ある香り」の元を持参されて、すぐに確認できるようにされていました。

 

 

そしてセッション終了後。

感情を解放した感覚はあるけれど…果たして??

ある香りを嗅いだその方は、とびきりの笑顔をみせてくださいました。その香りを嗅いでも、辛い感情に支配されないご自分を確認されたのです。

 

 

 

その方が、セッションを受けられた帰り道に下さったご感想です。

「あの後、自然に胸を張って歩いている事に気付きました。自信を取り戻したのだと思います。セッションを受けて本当に良かったです」

 

 

 

数日後、アンケートにもお答えくださいました。

質問・セッションを受けて得たものがあるとしたらどんな事ですか?

回答・(ある香りを嗅ぐと思い出していた経験は)今までは思い出す度に自己評価を下げ辛くなる経験でしたが、セッション後は逆にそれを乗り越えたという自信になりました。

 

質問・セッションを受けて期待はずれだった事はありますか?

回答・ありません。まさか嫌だった香りが逆に自信になるなんて。本当に期待以上でした。

 

質問・何か要望や伝えたいことがありましたら、ご自由にご記入ください。

回答・短時間で多くの感情が出て驚きましたが、幸せだった頃など忘れていたことも思い出し、おかげさまで感情の整理がつきました。濃厚な時間をありがとうございました。

 

 

 

100人モニターセッション、まだまだ募集中です。
ただ、残席も少なくなってきましたので お申込はお早めにお願いします。

お申込はこちらからどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せはこちらまで

お申込の前にご質問・ご相談がありましたら、

ご遠慮なくこちらへご連絡くださいませ。

ランキング参加中です。

よろしかったら応援お願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください